1.総則
利用者とは本規約を承認・尊守の上、日本総合私書箱センター(以下「当社」といいます。)にサービス利用の申し込みを行い、当社が適格と認め入会を承認した者をいいます。当社は本規約を定め利用者は本規約を承諾し私書箱利用申込をする者とします。
当社の提供するサービス(以下「当サービス」といいます。)は当社が利用者に私書箱スペースを貸与するサービスをいいます。
本規約及びサービス内容は予告なく変更することがあり、その場合当社は遅滞なく当WEBサイト上に通知し、以降全ての利用者に適用されます。
2. 利用代金等
当社サービスはご入金確認後(※クレジットの場合はクレジット決済処理完了後)開始いたします。また、会員資格は自動継続となりますので、入金期限までに月会費をお支払いください。お支払いは最低2ヶ月からとなります。
また、必要費用が未納な場合、日本総合私書箱センターは当該会員へのサービスを停止することができます。
一度ご入金いただいた会費等は返金いたしません。

3. 会員不適格者
会員不適格者については当社は強制解約できるものといたします。 
・第三者へご迷惑をかける行為・犯罪行為・違法行為に私書箱を利用される方。または、その恐れのある方。
・素行不良・言動横暴な方
・会費等利用代金が未納な方
・その他当社が不適格と判断した場合
・お申し込み時の内容に虚偽等があった場合

4. 届出事項の変更等
利用の届出事項に(連絡先住所・支払手段等)変更が生じた場合は、速やかに当社までご連絡下さい。尚、変更の申し出は主契約者ご本人様のみ可能とします。ご連絡がない場合、これに伴う利用者の不利益について当社は一切責任を負いません。
・また、1週間以上連絡が取れない場合は、強制解約となります。但し、前もってご連絡いただき当社が正当な理由と判断した場合はこの限りではございません。

5. 私書箱内の郵便物の受領権限者
会員番号及び利用者名義若しくは会員証を当社に提示する者は郵便物を取り出す正当な権限を有する者とみなしますので、利用者は会員番号及び会員証を厳重に保管し、他者に漏洩しないよう注意してください。また、郵便物お引渡しの場合当社は前述の方法にて本人確認を行い郵便物をお引取り頂きます。この際、当社はお荷物の引渡しの証明をする責任を負わないものといたします。お客様の私書箱に保管されていない郵便物は既にお客様が引き取ったものとみなします。
また、万一会員証の盗難、紛失、会員番号の漏洩が発生した場合、速やかに当社までご連絡下さい。設定変更を行います。(別途料金が発生する場合があります。)

6. 私書箱到着郵便物
私書箱に到着した郵便物は、到着の時点でお客様の物となります。
・無料保管期間経過し、かつ、保管料金が未納な場合は、会員に予告なくお荷物を廃棄若しくは送り主に返還いたします。なお、小包の場合は一ヶ月以上保管した場合で当社が必要と認めた場合は違約金として1個に付き一日5,000円をいただきます。

7. 任意解約
下記の場合当社は利用者の意思により私書箱解約手続きをいたします。
・利用者より解約の申し出が在った場合
・利用代金が未納な場合
・その他会員不適格事由が生じた場合

8. 到着郵便物の確認
@吉祥寺センター、新宿センター、銀座センターをご利用のお客様は郵便物の確認を当社本部(0422-22-6614)にてお問い合わせいただきます。各センターへは、直接ご連絡いただくことはできません。その際当社は郵便物確認データベース上にて郵便物の有無をご連絡いたしますので、入力ミスなどにより既に渡してしまったお荷物を「保管」とご連絡したり、「既着」のお荷物等を「未着」とご案内するケースがございます。データベース入力は人員の介するところですので、この点はご了承下さい。また、このような場合に、会員は下記の方法で郵便物の調査をしてください。また、確実かつ即時の確認を要する場合は、直接各センターへご来店下さい。
・宅急便などのデータで到着済みとなっている場合など、再調査の依頼を吉祥寺本部センターに出してください。
・来店可能なセンターであれば直接ご来店頂き調査してください。
(なお、即時の確認が必要な場合は吉祥寺センターがお勧めでございます。他のセンターではデータベース反映にお時間がかかる場合もございますのでご容赦下さい)
銀座転送専用センターに関しては係員が常駐ではありませんので、3営業日程度到着お荷物の確認にお時間を頂く場合も在りますので、ご了承くださいませ。
A前項に規定されているセンター以外のセンターをご利用のお客様は郵便物の確認をご利用のセンターに直接していただきます。
・渋谷センターに来店してお荷物を受け取る際にはご来店の1時間以上前に来店のご予約が必要になります。来店のご予約なしで来店された場合にはお荷物はお引渡しはできません。


9. 守秘義務
当社は利用者の個人情報を一切開示いたしません。但し、弁護士、裁判所、警察若しくはこれに類似する機関より要請があった場合,、犯罪収益移転防止法遵守の観点から疑わしい取引の届出が必要と判断した場合は、開示できるものといたします。また、利用者は通常の利用以外に私書箱住所等の情報を漏洩することは一切禁止いたします。許可なく私書箱住所を利用された場合は警察に通報すると共に、不正利用違約金(100万円)を請求いたします。
特にインターネット上に住所を公開する場合はあらかじめ弊社の許可が必要となり、許可なき場合は不正利用と判断させて頂きます。

10. 転貸禁止
当社私書箱を第三者に転貸することはできません。使用権その他本契約から生ずる権利を第三者に譲渡したり担保権等を設定することはできません。

11. 損害賠償
@利用者の責による理由に基づき当社私書箱を毀損、破壊その他当社が損害を受けた場合には修理代相当額等損害の実際額を損害賠償としてお支払いいただきます。
A自然災害その他不可抗力または当社の責めによらないまたは責による何らかの事由により当社私書箱が故障、破損、その他利用不可能な事由が発生した場合,当社は利用者の私書箱利用に応じられない場合があります。当社はこれにより生じた損害については一切責任は負いません。
B前項の事由により当社私書箱内の郵便物等について、紛失、滅失、毀損、変質等の損害が生じた場合、当社は一切責任は負いません。
C利用者の責に帰すべき事由または利用者の当社私書箱内の郵便物等の変質等により当社または第三者が損害を受けた場合には利用者がその損害を賠償するものとします。
D当社はいかなる理由による会員若しくは第三者への損害についても、一切の責任を負いません。

12.注意事項
@秋葉原センター、姫路センター、千葉柏センター、大阪センター、福岡センターは日本総合私書箱センターと提携している独立の企業です。
A前項に規定したセンターをご利用のお客様はそのセンターと直接契約するものであり、日本総合私書箱センターは受付を代行するものとします。
B同条第一項に規定したセンターを選択したお客様は、受付終了後の問い合わせ及び会費の支払い等はすべてそのセンターと直接していただきます
C同条第一項に規定したセンターを選択したお客様は、当規約に従っていただきますが、当規約と、お客様が選択したセンターの規約が異なる場合にはお客様が選択したセンターの規約に従っていただきます。

13. その他の事項
・13. その他の事項
・当サービスを利用する上で、犯罪収益移転防止法を遵守しその目的を達するために犯罪収益移転防止法に則った本人確認が必要になります。利用者は同法に則った本人確認に同意するものとします。
具体的には来店での契約の際には運転免許証もしくはパスポート、保険証、年金手帳を提出してください。またe-mail、郵送もしくはFAXで運転免許証もしくはパスポート、保険証、年金手帳を頂く場合は、頂いたあとに転送不要郵便で、当社ご利用規約をお客様の登録のご住所に郵送します。
※法人のお客様の本人確認方法は法人の本人確認と担当者個人の本人確認が双方必要になります。
本人確認ができたあとにお荷物の受け取り、お引渡し等が可能となります。
・上記方法にて本人確認ができなかった場合でもお客様からご入金いただいた金銭は一切返金できませんので、十分サービス内容につきご理解いただいたあとでお申し込みください。
・転送不要郵便にて利用規約を郵送後、お客様の住所に届かず、戻ってきた場合、再発送料金はお客様の負担になります。
・届出の登録内容(電話番号・メールアドレス・現住所等)に変更が生じた場合は、速やかに変更内容について届出義務を有するものとします。
・必要経費が発生した場合、予告なくプリペイドより清算いたします。
・ダイレクトメールの戻りなどは一ヶ月50通までといたします。それ以上は一通30円〜の追加料金を徴収いたします。また、あらかじめ登録が必要(5万円〜)で、登録の無い戻り郵便は一通100円頂戴いたします。(一度の保管は50通まで)
・郵便物を破棄する場合は30通まで無料・以降1通10円〜の処理手数料をいただきます。
・食品等の荷物が届いた場合、1週間以内を保管期限とし、取りに来て頂けない場合は、荷物を処分するものとする。もっとも生もの及び生ものと同様に保管が難しい食品については受取りができないものとする。
・無料で受け取れる郵便はA4以下、厚さ1cm以下になります。
・住民票の移転はできません。
・会社法人登記をご希望のお客様は予めその旨を当社に申告して下さい。当社に無申告で登記をおこなった場合は強制解約となります。※新宿センター、銀座センターは登記できません。
・会社法人登記をお客様がすることにより、お客様が損害を被り、または第三者に損害を与えた場合、当社は一切その責任を負いかねます。お客様において十分に法令を調査され、法令順守を徹底いただきますようお願い申し上げます。
・FAX受信サービスを利用する場合は必ず社名を掲示してご利用下さい。
・弊社都合によりセンターの閉鎖・移転をする場合がございます。その場合は無償にて他のセンターへの変更をしていただけますが、返金はいたしかねます。ただし、全業務を終了し移転も不可能な場合には月割りにて未使用部分を返金いたします。ですから、会員は移転のリスクもあることを考慮していただきご利用くださいませ。
・荷物制限をオーバーした場合はお受取できないか、1,000円の受取手数料、保管料日が発生いたします。
・高額の代金引換の荷物が届く場合、1万円〜8万円までの代金引換荷物は1,000円、8万円〜15万円は2,000円の送金手数料を頂いております。
・銀座センターは転送専用センターとなっておりますので、来店は出来ません。また、不在の時間帯も在りますが、宅配ボックス等で対応できます。しかしながら、そのため確認作業が遅れる場合も在ります。
・荷物の転送は、平日のみとさせて頂いています。
・伝票番号等の確認などの個別的調査事項には時間を要する場合も在ります。これらの調査は基本サービスの範囲外の事項ですので、500円程度の手数料を頂戴する場合もありますので、あらかじめご確認下さい。
・インターネット上に住所を公開する場合はあらかじめ弊社の許可が必要です。許可なき場合は不正利用とみなし、しかるべき処置をとらせていただきます。
・またやむを得ない場合の、返金につきましては、返金事務手数料として返金額の10%を頂戴いたします。
・私書箱住所をインターネットに掲載する事は、禁止しております。掲載される場合は、前もって審査が必要になります。
・ご来店前には必ず(1時間前)お電話の上来店予約をしてください。まれに、在籍していない場合もございますので、ご了承願います。来店予約の無い場合は不在の場合もあり、それによって生じた損害は補償いたしかねます。
・新宿センター住所は、ビル名が付きませんので、ご了承下さい。
・その他詳細な利用方法はホームページに記載されている方法に基づくものといたします。
・会員番号を紛失したお客様に再度会員番号をお伝えする場合、手数料500円いただいております。その場合、お客様ご登録の電話番号に当社が連絡してお伝えします。
・郵便局の転居届けなどによる郵便物の転送など、他社サービスに当社私書箱住所を利用する場合は、前もって当該サービス提供会社に、私書箱住所にてサービス提供ができるか否かをご確認の上ご利用ください。当社では、他社サービスに関する利用の可否などはすべて把握できるものではなく、ご回答できませんので、ご注意くださいませ。また、当社は、一切それらのサービス利用を勧誘していません。
・会員証の再発行は手数料1000円いただいております。
・ホームページに記載のない事項は日本総合私書箱センターの判断に基づくものといたします。
・裁判所からの特別送達や普通郵便、弁護士からの郵便物は受け取りできません。
・その他特記事項(サービス内容等)がある方は予め当社までご相談下さい。特記事項につきご相談頂かなかった事により生じたお客様の損害についてはいかなる場合におきましても一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。
・現金書留が届く場合の受け取り手数料は500円、高額な場合は1,000円頂戴します。
・新宿センター、銀座センターは現金書留及び小切手または当社が不適当と判断した荷物は受け取りできません。
・2009年5月1日以前に契約をされた会員様でバイク便の荷物が届く場合には当社の規定する身元確認にご協力頂きます。
・代引き郵便物が届く場合は予めその料金を指定口座までお振込み下さい。代引きとプリペイドは別のものとなり、代引き料金をプリペイドから精算する事はできませんので予めご了承下さい。
・佐川急便若しくは普通郵便以外で1,000円以上の郵送料が必要な場合はプリペイドとは別に郵送料を当社指定口座までご入金下さい。
・2009年5月1日以前に契約をされた会員様は現金書留、預貯金取扱金融機関から送付される預貯金通帳等と認められるものについては受取をすることはできません。また貴重品が届く場合等、当社が必要と判断した場合は当社の規定する身元確認にご協力頂きます。
・貸しロッカーサービス契約のお客様は危険物、生もの、生き物、悪臭の伴うもの、冷蔵品、冷凍品、各種法令に反する物、その他当社が不適当と判断したものをロッカーに保管する事はできません。
・貸しロッカーサービスを利用することにより、客様が損害を被り、または第三者に損害を与えた場合におきましても当社は一切の責任を負いかねます。予めご了承下さい。

・クレジットカードの登録を行う場合は、本人名義のクレジットカードでなければなりません。
・利用者は当サービス利用の際に行うクレジットカード番号の送信行為等の決済手段に伴う個人情報漏洩等の危険性を認識し、自己の責任のもとこれを行うものとします。
・他人名義のクレジットカードの利用、決済手段として用いる事が出来ないクレジットカードの利用、その他クレジットカードの不正利用を堅く禁じます。
・利用者指定のクレジット会社のクレジットカード支払いの登録完了後に、クレジットカード会社からクレジットカードでのお支払いを承認できない旨の通知があった場合、当社は当サービスの契約を取り消し若しくは解除、その他当社が適切と判断した対処をする事ができるものとします。
・クレジットカードでのお支払いの場合は、利用者がクレジットカード会社との間で別途契約する条件に従うものとします。なお利用者とクレジットカード会社等の間で紛争が生じた場合には当該当事者双方で解決するものとし、当社は一切関与しないものとします。
・料金の支払い方法としてクレジット決済を選択のお客様はクレジット決済選択後は一切決済方法を変更することは出来ません。
・クレジットカードの引落とし日はお客さまのご指定のカード会社の規約に基づく口座引落とし日になります。
・当社がお客様にご請求する当社のサービス利用料金について、利用者は支払義務があることを承諾し、クレジットカード会社が定める規約に基づきお支払いいただきます
・クレジットカード支払いに必要となる個人情報(お客様番号・ご利用料金等)を当社からカード会社に通知することを利用者に承諾いただきます。
・カード会社からのクレジットカード利用明細の送付時期・口座引落日は、お客様がご指定のカード会社により異なります。
・当社のクレジットカード決済代行会社は株式会社J-Paymentでございます。クレジットカードを利用する上でのご不明な点、不都合な点等がございましたら、株式会社J-Paymentが定める規約に基づき、株式会社J-Paymentにお問い合わせ下さい。
・クレジットカードで当サービスをご利用頂く利用者が、当サービスを解約する場合、ご希望の解約の日付から1ヶ月以上前に当社に解約の申告をするものとする。
・クレジットカード決済は、新宿センター、吉祥寺センター、銀座センターのみ、ご利用可能です。

15.法令遵守
利用者は、本規約他、各種法律・法令・条令・ガイドラインに則り使用するものとし、本規約記載事項以外についてもその他の法律・条例・ガイドラインなどを厳守することに同意するものとします。



16.準拠法、裁判管轄 
本規約の執行可能性、解釈及び有効性は、日本国法に従って判断されるものとします。
当社と利用者は、本規約に関するいかなる紛争も東京地方裁判所を専属的管轄裁判所にすることに同意します。

2010年2月18日利用規約改訂